苦手科目を作らない

中学受験合格に向けての勉強をしていく中で、苦手科目を作らないということは非常に重要になります。仮に苦手科目を作ってしまうと、その分の点数をほかの教科で補わないといけません。これでも中学受験に合格できる可能性はありますが、効率的とは言えません。中学受験では、全教科でバランス良く点数を取れるようにするのがポイントで、中学受験に合格する為の基本と言えるでしょう。

集団塾では、成績ごとにクラス分けが行われます。このクラス分けは全教科の総合点が基準となる為、苦手科目の授業を受けにくくなってしまいます。一方個別指導塾では、得意科目は学習速度を上げ、苦手科目にじっくり克服できるまで時間を費やすことができます。科目ごとの調整ができるのは、個別指導塾ならではのメリットです。中学受験勉強を行う上で、個別指導塾を選択した方が良い子供は少なくありません。

授業選択で融通がきくことは個別指導塾を選択する大きなポイントで、自分の学力を効率的にアップさせるのに適しています。集団塾か個別指導塾のどちらを選択するかは、子供の将来に大きく影響します。親が中学受験合格に向けて、どちらの方が良いか見極めた上での選択をしないといけません。